師走の風

早いものでもう師走となりました。

つい最近年を越したかのような錯覚にとらわれますが、こうやって年月は過ぎていくものですね。

神戸リフォームハウジングも2018年のラストスパートです。

社員、協力業者一丸となって最後まできっちりと走り切りたいと思います。

本当に今年もいろいろなことがありました。

想定の範囲内の出来事や不測の事態。

特に、今年は災害でバタバタした年だったともいえます。

まだ災害の復旧工事は終わってはいません。先日会合で大阪の同業者の方々と話す機会があったのですが、神戸の比ではない災害でまだまだ復旧率は1割程度と話していました。

弊社としても来年に持越しをさせて頂いている復旧工事もあります。

また温暖化の影響で来年以降も同じような台風が来るのではとの懸念もささやかれています。

リフォーム会社として何が出来るのか。

このテーマは今回の災害を通して、近畿の同業者がみんな持った大切なテーマです。

また来年に向けてしっかりと自社の責務を持ちつつ、大切な基盤を作っていきたいと思います。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Sorry, no posts matched your criteria.