Archive for 3月, 2011

最近、少しづつではありますが、被災地でない人間が元気をなくしてどうする。

私たちが元気を出さなくては!という動きが目で見て感じられるようになって気がします。

弊社も元気を出してアクティブに動いて行こう!ということで、

来月は2週連続でイベントを敢行することにしました。

一回は、ショールームでのイベント。

もう一つは、弊社の得意?とする屋外でのイベントです。

しかも今回はパワフルに屋外の2日連続(土・日)というハードなイベントです。

みんな、しっかりと英気を養っておいてくださいね。

 

今のところ、外装やトイレ、内装工事などあまり震災の影響が

出ていない工事を進めさせて頂いております。

来週からの全面改装もとりあえず材料の目処が立ったので竣工します。

そんな中、エコキュートが手に入りません(涙)

とりあえず、そのお宅はエコキュートが入るまでは一旦ガス給湯器をつないでおいて、

エコキュートが入り次第、入れ替えるという方法でさせて頂きます。

キッチンは、メーカーを変更しての着手となりました。

 

有り難いことに、ここの所ずっと私の大切なリピーター様からの

ご注文やご紹介のご注文を頂いております。

私が担当させて頂いている現場は、ほとんどリピーター様関連です。

 

なんだか、ようやく一廻り廻ってきたのかな~っと、

とくかくがむしゃらにお客様目線に立ってやってきたことが

形になって帰って来てくれているという感謝と感動を感じます。

 

わたしの担当させて頂いたお客様は、ほとんど私の携帯に電話をして来てくれます。

気を使ってわざわざお店の方に電話をしてくれるお客様もいらっしゃいます。

本当にいろいろなお客様に支えられています。

本当に私の財産です。

本当にいつもありがとうございます。

 

 

ちょっとyahooのニュースを見ていたら、

ちょっとだけ心温まる話があったので、ご紹介。

以下、yahooニュースからの転載

奇跡的、2キロ先で免許発見=「また釣り船やろうか」―ワカメ業者、小さな希望

時事通信 3月29日(火)6時15分配信

 宮城県南三陸町のワカメ養殖業渡部清一さん(71)は、東日本大震災の津波から間一髪で助かったものの、船も作業場としていた倉庫も、何もかもを失った。しかし、船のブリッジに積んでいた船舶免許や養殖の片手間でやっていた釣り船の許可証などが入った袋を泥の中から奇跡的に見つけ、「また釣り船でもやろうかな」と少しだけ笑顔を見せた。
 漁師から転身。同町の折立漁港で15年もの間ワカメの養殖を営んできて、今年は「当たり年」だった。ホタテやカキの養殖も盛んな漁港だったが、船も建物も全て津波に持っていかれ、壊滅。渡部さんも所有する2隻の船だけでなく、家も失った。
 地震が起きたのは、港の倉庫で妻孝子さん(71)と手伝いの女性の3人でワカメの出荷準備をしていた時。荷物を取りに行こうとした渡部さんに孝子さんが「何もいらないからとにかく逃げよう」と主張。すぐに後続の車は渋滞で動かなくなった。全てを失ったが、「あれが正解だったんだなあ」と振り返った。
 今も隣の登米市の避難所で生活するが、何か残っていないかと港付近を探し回ったところ、27日、港から約2キロ離れた川岸の土手の泥の中から船舶免許などが入った袋を見つけた。「この年齢でまた養殖を始めるのは無理だけど、小さな船を買って釣り船でもやろうか」と小さな希望を語った。

 

良く見つかりましたよね。

これって確実に奇跡ですよね。

小さい奇跡ですが、なんかいろんな可能性を感じさせてくれる

とっても素敵な奇跡です。

 

 

頑張ろう!

とにかくまず私たちが元気を出して頑張ろう!

日々、情報が更新されています。

まさに一日一日が勝負となっています。

 

とある所からとある元気の出る文面があったので

抜粋してご紹介します。

 

「家にいないで元気出して外に出ないとね。」

震災の直後8時間かけて大渋滞の甲州街道を一人で運転して帰り、翌日から毎晩外出して飲み歩いてるそう。
なんという生きるというパワー。

これこそがこの国が生き返るためにするべきことなんだって思った。

逃げてる場合なんかじゃない。

あの福島で思いっきり圏内なのに逃げることすら許されない被災者達が生きるために懸命に踏ん張ってるのに。

ケーブルつなごうとして被ばくした人がいるのに。

そうだ、僕らは頑張らないと。
怖がってる暇なんてない。

LOVE FOR NIPPONのサイトで大貫妙子さんが送った応援メッセージ

「今わたしたちにできること
それは、いつもの仕事に戻り
被災地からのあらゆる声に
速やかに答えていくことです
様々なかたちで立ち上がった
ネットワークの絆をしっかりと離さぬよう
辛抱強く心身共に支え合うことを誓いましょう
大切な人を亡くされた方のために
旅立った方のために
未来ある子供たちのために

以下はあるサイトからの文を引用させていただきます。

『私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。
皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時はよろこんでください。
私達も一日も早く皆さんに追いつきます』

家を無くした方の言葉だ、強い。

無事な人が被災しなかった人間が元気でなくてどうする! 」

その通りです。

弊社に来る各メーカーの営業さん達とも

一緒に頑張ろう!と言い合います。

かなり窮地に追い込まれている国内メーカーも沢山あります。

人数や規模が大きい分、ダメージも大きいのは誰が見てもわかります。

 

一日一日、真剣勝負をしています。

みんなそうです。

一緒にがんばろう!

元気を出して。

私も最近ようやく元気が戻ってきて続々お仕事が決まりだしていますが、

いかんせん、入って来ない住設機器が日に日に増えている感じです。

昨日入るといっていた商材が、次の日には出荷未定となっていたり、

まさに、この業界も戦場となってきました。

いろいろなルートを駆使しながら頑張っていますが、

これからがさらに腕の見せ所でしょうか。

みんな戦っています。

 

さて、本日は朝から大阪でした。

垂水区のN様、須磨区のY様、そんな感じで本日現場を見に行けませんでした(涙)

とほほ

っで、一日でかなり大きなホールのフローリングを貼らないといけないので、

朝一から私も加戦しての工事となりました。

基本一日大工手元をしていました。

なんだかとても懐かしかったです。

わたしがこの仕事を始めたばかりの時、とにかく大工というか、現場に付きっきりで

一日中、大工の仕事を見て覚えて行きました。

毎日毎日とにかく現場に付きっきりで、分からない事はとにかく職人に聞き、

そんなことも知らないの?みたいな反応でも頑張って覚えました(笑)

まぁ、そうやってみんな仕事を覚えて行くんですけどね。

 

フローリング貼り

さあ、スタートです。

まずしっかりと養生をしてからになります。

この養生がしっかりと出来ていないと、掃除の時に逆に時間が掛かったり、

お客様の大切なものを汚しかねないですからね。

必要以上の養生をします。

写真のようにフローリングははしっこから貼って行きます。

マンション用フローリングの場合は、一度敷いていき、

仮合わせをしてから、はがし、下にノリを付けてから再度貼って行きます。

なかなか手間のかかる作業なんですよ。

今日は工期も一日ということで、急ピッチで貼って行きました。

わたしも、ノリ付を手伝ったりと、久しぶりに職人っぽいことをしていました。

まぁ、今日は天下の天才大工、Tさんだったので、安心していましたが。

やっぱり現場は良いものですね。

わたしはもともと現場が好きなのですが、お客様のお宅廻りなどで

なかなか付きっきりになれません。。。

 

なんとか夕方までには張り終えました。

フローリング貼り

ほら綺麗でしょ。

っと、明日は神戸リフォームハウジングの幸運のファミリーK様の

新装開店の日だ。なんの植物をもっていってあげようかなぁ~

 

 
ブログランキングに参加しています。
貴方のぽちっがとても励みになります。
↓ ↓ ↓一日一回!ぽちっとのご協力をお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ

 

昨日はお休みを頂きまして、元気を貰いに行きました。

やはり、いろいろなイベント会場にてチャリティーイベントとして義援金活動が活発的に

行われています。というか、行いました。

 

やっぱり、どこにいっても日本国中、今は同じ気持ちでみんなが

心を一つにしているという実感を強く強く感じることが出来ました。

一日も早く、まずは私たちが元気にならなくてはいけませんからね。

徐々に国民が元気を少しづつ取り戻しつつあります。

しっかりと前を向いて進んで行きましょう。

 

本日は、西神戸店のガラスフィルムが貼られました。

やっぱりプロは早いです。

これだけの枚数を昼の3時前には終わらせてしましました。

2人でこのスピードはさすがです。

まぁ、大きなビルなどは何百㎡もあるので、このくらいでやらないと

追いつかないかもしれませんけどね。

 

ガラスフィルム貼り

これでばっちり紫外線・赤外線を守ってくれるでしょう。

 

女性事務スタッフは、なかなかこの辺は気を使うみたいで。。

まあ、男性にはなかなか分からない所ではありますが、

商談中なども、女性の方に安心して打合せに集中して欲しいですからね。

 

 

ブログランキングに参加しています。
貴方のぽちっがとても励みになります。
↓ ↓ ↓一日一回!ぽちっとのご協力をお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
 

これはどうなる。。

ちょっと朝から気になるニュースが。。

 

以下デジタル読売新聞からの転載

 

南三陸町の戸籍データ消失、法務局保存分も水没

3月20日(日)3時3分配信

 東日本巨大地震で被災した宮城県南三陸町で、戸籍の全データが津波で消失した可能性が高いことが19日、明らかになった。

 法務省は戸籍法に基づき、町に戸籍の作り直しを求める方針だが、作業は困難を極めそうだ。今後、戸籍の全国ネットワーク化など、戸籍制度の見直しに向けた議論も起こりそうだ。

 南三陸町は戸籍を電子化して保存していたが、今回の地震で庁舎全体が壊滅状態となった。データは仙台法務局気仙沼支局(宮城県気仙沼市)でも保存していたが、同支局のシステムも津波で水没。他の法務局や自治体とデータを共有する仕組みはなく、同町の戸籍データは完全消滅した可能性が高くなった。今回の地震で、戸籍を管理する自治体と法務局両方のデータが消滅したのは同町だけだという。

 消失の場合、同町に本籍を置く人は戸籍を証明する手だてがなくなる。銀行口座などの相続には一般的に戸籍謄本・抄本が求められるが、消失すれば提出できず、旅券や免許証も発行できなくなる恐れがある。

 
 
戸籍などの大切なデーターはとっくに全国ネットワーク化していると思っていましたが、
なっていなかったのですね。
 
震災により戸籍も無くなったなんて信じられません。
 
まあたしかに、日本人全ての戸籍情報を一括で管理するなんて
 
想像しただけでもおぞましい情報量になるとおもいますが。。
 
これは、過去のご先祖様との繋がりも書面上ではなくなってしまうという事です。
 
どこかに情報が残ってくれていればいいのですが。。。
 
 
あとは、とりあえず安心したのは原発の電源の確保でしょうか。
 
もう海水を入れてしまった高炉は廃炉になるのはしょうがないですが、
放射能汚染の拡大だけはなんとしても避けなくてはいけませんからね。
 
 
最近、大分冷静に事の現状を把握できるようになってきました。
もちろん、私たちの業界にも余波が来ているので、私たちも戦っています。
 
日本人みんなの戦いです。
元気を出して頑張りましょう!
 
 
 

ブログランキングに参加しています。
貴方のぽちっがとても励みになります。
↓ ↓ ↓一日一回!ぽちっとのご協力をお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ

元気を出して!

さぁ、元気を出して行きましょう!

こんな時こそ、元気を出して行きましょう!

皆で戦いましょう。

 

↓ ↓ ↓ 24時間テレビのインターネット募金の説明です。家に居ながら簡単に募金が出来ます。

http://www.kobe-reform.jp/ceo/archives/1399

 

本日は、西神戸店のガラスフィルムを新しくする為に

古いガラスフィルムをはがす作業をチマチマとやっていました。

この作業は驚異的に精神力との戦いの仕事です。

とくに弊社の西神戸店は、道路に面した2面共全てガラスなので

フィルムを張っている量が半端じゃありません。

一枚が、幅2m、高さ2.5m程のガラスがいっぱいあります。

すでに一枚をめくり終えた時点で心が俺掛けていた所に

スタッフが続々帰ってきたので、バトンタッチ。

 

ガラスフィルム

小川さんが、なんか忍者みたいになっています。

ちょっとかっこいいです。

結局9:30まで掛かりました。

かなりみなさんお疲れのご様子。

 

次に貼るガラスフィルムは、サンゲツの一番性能の高い商品で、

紫外線、赤外線など、ありとあらゆるものを防いでくれる商品です。

今まで貼ってあったフィルムは、西神戸店が開店当時に貼ったもので

何を張ったか覚えていませんが、

紫外線チェッカーで計ると、やや紫外線が入って来ていました。

今度の商品は、しっかりと防いでくれるでしょう。

 

わたしも、腕がパンパンになってしまったので、

明日に備えるとします。

みなさんお疲れさまでした。

 

ブログランキングに参加しています。
貴方のぽちっがとても励みになります。
↓ ↓ ↓一日一回!ぽちっとのご協力をお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
 

雹が降る一日。

今日はむちゃくちゃ冷えます。

被災地の寒さはこんなもんじゃないはずです。

この寒さで体力を大幅に奪われないとよいのですが、、

特にお年寄りの方々は、ちょっとしたことで大きく体調を崩してしまいます。

まだまだ被害拡大の懸念は残ります。

何故か最近体がだるい気がします。

被災地の方々から見れば、甘すぎるんですが。

3日程前に、ひさしぶりに徹夜でプランを作成し事務所の机にひれ伏し、

小川さんの軽トラの発進のエンジン音で目が覚めてからなんかだるさが残ります。

昔は、全然大丈夫だったんですけどね。

悲しきかな歳を感じます。

 

実務上でもかなり影響が出てきているので、その心配のせいも

あるかとおもいますが、それはみんな一緒ですからね。

電気工に聞いた話だと、電線も入ってきてないらしいです。

業界にとっても死活問題の方もいらっしゃいます。

まさに、日本人全員で戦っている感じでしょうか。

材料を大量に使う新築を主にやっている工務店などは、

さぞかし顔が青くなる事態だと思います。

部分的には結構手に入るようですが、大量発注がなかなか難しいみたいですからね。

 

弊社に関しては、大体の商品のルートは確保したのですが、

レンジフードを作っている工場が限られていまして、

キッチン取替えの際に、レンジフードだけ別で選んで頂く様な形に

なるかもしれません。

まぁ、機能的には全く問題ないのですが、やっぱりお客様としては

スパッと同じメーカーで揃えたいですからね。

なんにせよ一歩一歩前に進んでいかないといけません。
 

 

 

ブログランキングに参加しています。
貴方のぽちっがとても励みになります。
↓ ↓ ↓一日一回!ぽちっとのご協力をお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ

まだまだ現状の被害が把握しきれていませんが、

行方不明となっていた1000人の方々の生存が無事確認されたなど、

少しづつ明るいニュースも入って来ています。

とにかく一日でも早い復興が望まれます。

↓ ↓ ↓ 24時間テレビのインターネット募金の説明です。家に居ながら簡単に募金が出来ます。

http://www.kobe-reform.jp/ceo/archives/1399

 

弊社としての取り組みとして、とりあえず早々に役に立つ物を

物資として支援できないかということで、情報を集めています。

義援金以外を一斉に送るという所がなかなかないので、そういった場所が決まり次第

自衛隊駐屯地から弊社に連絡が入るようになっていますが、

やはり物資は規制?が厳しいようです。

今のところ扱っているのは、新品か、新古品の防寒着のみだそうです。

これはなかなか集めるのが大変そうです。

 

ただ、私の友達が関東にいるのですが、被災地から離れた神奈川でも

事態は深刻なようで、ガソリンを入れようと思っても3時間待ちや、

ほとんどのスタンドが品切れで店を閉じている状態のようです。

 

私たちの業務に関しても、

水廻り商品や、木材料などメーカーによっては納期未定の商品が

出てきています。これは全国的な問題ですのでご確認ください。

 

そして、一緒に元気を出して進んでいかなくてはいけません。

昨日はグリーンリモデル診断の講習のために大阪にいました。

グリーンリモデル総合診断

大切なお家の総合診断をする為の講習です。

環境にも配慮した質の高いリフォームをするために、

お家まるごと診断するという、TOTO、DAIKEN、YKKAP

が国土交通省の規格をエンドユーザー様のリフォーム向けに

改良したシステムです。

 

グリーンリモデル

グリーンリモデルという概念をもう何度も学んでいますが、

再度確認です。

 

グリーンリモデル

健康に配慮した住宅

長持ち住宅

Co2削減

この3つが根底にあり、そこから全てが派生していきます。

もちろん、今回のようにこの日本は地震大国です。

しっかりとした耐震も今まで以上に考えて行かなくてはいけません。

しかし、今回のような津波によって木造の住宅はほとんど流されてしまいました。

鉄筋コンクリート作りの建物だけが残るという現実がまた何か考えさえせられます。

 

木造住宅で、あれだけの大きな津波という力に対応するのは恐らく無理でしょう。

これから住宅に対する考え方はどんな風に変って行くのでしょうか。

家を流されてしまった方々が、どんな思いでこの時間を過ごしているのか。

がんばろう日本。

がんばろう日本

被害の状況が徐々に明確になりつつありますが、

まだまだ全体の被害状況はわからないままですね。

只今、福島原発でメルトダウンの可能性が示唆されています。

とんでもないことになって来ました。

 

チェルノブイリの再来はないと報道されていましたが、

まったく予断を許さない状況になってきました。

無限に電気を作れる夢のシステムが今、兵器になろうとしています。

関係者の皆様、とにかく頑張ってください。

私には、原発に関しては頑張ってくださいとしか言えません。

 

この災害に、原発被害が加わったらもう現地の方々は希望を失ってしまうかもしれません。

 

世界中から支援の手が差し伸べられています。

こんな時でも日本人のマナーの良さなどを挙げて頂いております。

とにかくみんなで頑張りましょう。

頑張りましょう。

 

東日本大地震 24時間テレビ インターネット募金

私たちの暮らす神戸は、阪神大震災の時に全国からの義援によって助けられました。救われました。
 

次は、私たちの番です。

 

私たちに出来る小さなことですが、

東日本大地震 24時間テレビ インターネット募金というのがあります。

1口500円から、最大20口までの募金が出来ますので、

是非ともご協力を頂ければと思います。

 

ちなみに、他のインターネット募金は登録やID、パスワードなどが必要な所が多く、

この24時間テレビからの募金が、一番簡単に確実に現地に届くと考え、紹介します。

 

※「24時間テレビ インターネット募金」は、クレジットカードによる決済のみ受け付けています。
その他の募金方法については、24時間テレビ」HPをご覧ください。

 

方法は本当に簡単ですので、ご案内します。

まず、日本テレビ、24時間テレビのホームページに飛びます。

↓ ↓ ↓ こちらです。

http://www.ntv.co.jp/24h/

ここ、「インターネット募金はこコチラ」をクリックします。

東日本大地震緊急募金

 

 

すると、下記の画面が出てきます。

ここの、「募金はこちらから」をクリックします。

東日本大地震緊急募金

 

 

すると、こちらの画面が出ます。

ご了承いただくこと をよくお読みになり、必要項目を入れて確認画面に進みます。

東日本大地震緊急募金

 

一応お金なので、ここでしっかりと金額を確認してください。

是非貴方の気持ちを送ってあげてください。

東日本大地震緊急募金

  

この画面が出れば、募金完了です。

一応確認の為に、メールソフトを開いて募金内容を確認してください。

東日本大地震緊急募金

 

 

このメールが来ていれば、完了です。

東日本大地震緊急募金

 

ちなみに、なぜ今回「物資」ではなく「お金」なのか。

 

物資は、本当に必要な物を選別し、適切な場所に送らなくては逆に

現地の人々が仕分けるので手間になってしまうことが多いそうです。 

ひとつのダンボールなどに、複数の支援物資などが入っていた場合は仕分けで

逆に迷惑を掛けてしまう事があるそうです。

やはり、私たちが出来る一番現地にとって有り難い支援は「お金での支援」だそうです。

 

私たちの住む神戸は阪神大震災で全国から多大な義援金や食べ物などで助けられました。

この恩はしっかりと返して行かなくてはいけません。

みんなで少しでも気持ちを届けましょう。

これは、神戸で暮らす私たちの義務でもある気がします。

亡くなられた方のご冥福を祈りつつ、

一日も早い復旧を願い、皆様のご協力を是非宜しくお願い致します。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ